木屋の基礎のやり直し(土間打ち)

台風で仮倉庫の屋根を外したため、新しい倉庫が必要となり、
床の木が腐った木屋に、土間打ちしようとしたところ、

土台が腐った木屋

おそらくですが、建ったのは戦後すぐだと思いますが、
床をめくると、土台も腐っていて、

潰して立て直そうか?!とも思いましたが、
荷物の置き場に困っている状況なので、潰すわけにもいかず・・・

***

土台を先に抜いても、交換すると、
基礎のほうが土面より低いため、防腐材でもまた腐るので、

  1. 基礎&土間を打ち、
  2. 屋根瓦をトタンに替え、(屋根の重量を減らしてから)
  3. ジャッキで、柱を上げ、
  4. 土台部分まで、基礎を立ち上げる

という、プロでもやりたくないようなことを、やってみます。

 

基礎

木屋の基礎

基礎付近の土を掘り返してみたところ、20cmほどコンクリートがありました。
てっきり、I型だと思っていたのですが、少なからず、L型のようです。

ということで、まず、基礎と新しいコンクリートをつなぐために、
差筋アンカーを打ち込んでいきます。

基礎 差筋アンカー

正回転しなくなり、すでに1度分解して治したのですが、

コンクリート13mmまでと非力なのに、ガンガン使っているので、仕方ないです・・・

しかも、歯は14.5mm

単に、オーバーワークで、また正回転しなくなりました。
ハンマードリルの大きなやつがあるので、先端を買ったところ、
ハンマードリル自体が行方不明・・・

しかたないので、空いた所だけアンカーを打ち込み、
掘った土に、コンクリートを流しました。

基礎&土間のアンカーとワイヤーメッシュ

鉄筋でやると、ベタ基礎となるのですが、
面倒すぎるので、ワイヤーメッシュにしています。
軽ベタ基礎ってところですか?

で、湿気なんですが、防湿シートを張り巡らすことが一般的ですが、
とういのも、今回の土間厚は、10cmなので、
いろいろ調べてみると、必要ないことがわかりました。

=10cmのコンクリートがあれば、地中からの湿気を十分に防げる

ワイヤーメッシュの2ブロック分が、30cmなので、
30cm毎に、差筋アンカーを入れました。
3ブロック毎=45cm間隔でも良かったかもです。

 

土間

今回は、10cm厚にするので、単管が48.6mmなので、
ちょうど真ん中になるため、ピンコロ代わりにしました。

土間打ち

土台を取り出したいので、5cmほどすき間をあけたのですが、
10cmの土台をどうやって引っ張り出す気なのか??(笑

まあ、外壁を取っ払えば、土台は抜けるとして、

10cm厚の土間は、とても大変です。※上記写真は、5cm目

後日、更に5cm盛るわけですが、

骨材は、先日2トン強購入した再生石材で、ミキサーでこねこねするわけですが、

  • 土を取り除いた部分と、
  • この面積の5cm厚の土間で、

コンクリート1袋使用。砂利は一輪車で4往復分。

ミキサーがあるから、手練りしてるけど、大概疲れる!

PS

再生石材ですが、以前土間を打ったときは、
軽トラや1トントラックを借りて、ちまちまと運んでは下ろしをしていましたが、
今回、土木屋さんに相談してみると、「200円/トンで運んであげるよ」と!

「あの苦労は何だったんだ??」と、がく然としましたが、
2トンに満載で、下ろしてくれるし!

ありがたいことです!!

-

バイクのガソリンタンク内部の錆落とし

ヤフオクで、100円だったことをいいことに、スティードのパーツを大量落札しました。

スティード パーツ 落札

この中に、スタンドやらサイドカバーやら、フロントフェンダーなど、17点。と、
リアタイヤ、ガソリンタンクを落札しました。

  • ガソリンタンク: 100円スタート > 1000円落札
  • フロントフェンダー:100円スタート > 1001円落札

以外、すべて、100円!

落札金額は、100 x 17 + 1000 + 1001円 = 3701円+税

で、送料が3個口で、5000円超え!

送料のほうが、高かった・・・

***

それでも、トータルで激安で買えたわけですが、
カスタムされたスティードを、いろいろ暇を見て、原型に戻していくわけですが、
まずは、問題のガソリンタンク!

スティード 純正 ガソリンタンク サビ

こちら、1000円だったので、文句はないのですが、

スティード 純正 ガソリンタンク サビ

こんなもん、どうにもならんのじゃ???

と思いつつも、「タンク内部のサビを取る方法」を調べた所!

ガソリンタンク サビ取り液

あるんですね~

@Amazon >> AZ(エーゼット) MOrs-001 バイク用 燃料タンククリーナー 1L ガソリンタンクのさび落としに(中性)

価格も最安でしたが、レビューも良かったので、試しに買ってみました。

  • ガソリンタンク 1000円
  • 送料 1560円
  • AZ * 燃料タンククリーナー 2141円

で、純正ガソリンタンクが手に入れば、安いものです!

※ 7000円+送料で、錆無しの純正ガソリンタンク(塗装必須)が買えるんですが、送料が安くなると思って、一緒に落としたのですが、結局1個分取られました・・・

で、

サビ取り液注入!

1L入で、10~20倍希釈とあるので、0.9L(残0.1Lはフィニッシュ用)入れ、
お湯50度ぐらいを半分ほど入れた所、

ガソリンタンク サビ取り

見事に、取れています!!!

ガソリンタンク サビ取り

養生して、たまにゆすりながら、24時間待ってみるわけですが、
一度、排水してダメなら、排水した液をろ過し、もう24時間待ってみるつもりですが、

この調子なら、結構キレイになるんじゃないか!と、期待もできますネ!

 

 スポーツタンクから、純正タンクに戻す。

2018年平成最後のお盆に、潮岬までツーリングしたのですが、
燃料タンクの小ささ(ガソリンが入らない)に、
エンストや、100kmごとの給油やで、めんどくさい思いをした経験から、

予備タンクをつけようかとか、いろいろ考えていたのですが、

純正タンクに11L入ることを知り、
無駄な手間暇をかけることなく、

純正に戻すのが一番カンタン!

 

ということで、この度の落札に至ったわけです。

あと、リアサスも、背骨の軟骨が縮まるリジットから、ショックに交換中など、
ほんと、いいおもちゃです!

PS

ドラッグスター400☆ ブラック改

が、気になって仕方ない!!!

-