DIY

防犯カメラをDIYしてみる

転ばぬ先の杖

 

ということで、

 

先日、こちらのカメラを4つ購入した

 

 

のだけど、まだ取り付けには至っていない。

というのも、問題は、

 

電源

 

いくらWIFIで接続できたところで、
結局「有線」が必要なわけで、、、

***

Amazonを徘徊していたところ、
FHDx8カメラで録画出来る防犯カメラのシステムが、
タイムセールで、25000円で販売されていたが、

FHDの解像度と、 H.265+の記載がないことを懸念し、スルー。

 

やっぱり、WIFIがいいよねー
と思うものの、8台カメラとなると、高価!

そんな中、タイムセールでBNC接続の古い世代のもの。

でも、上記の通り、

  • 結局どこかで有線が必要であり、
  • 4Kの画質をWIFIで安定して遅れる?

などがあり、

わざわざ、POE型のものもありますが、
BNC線より高いので、こちらを購入しました。


タイムセールで、25000円。
4K対応で、18mのBNCのケーブル4本
※ただし、HDDなし(余ってるHDDを放り込めばOK)

18Mあれば、今、取り付けようと思っている箇所、
すべてに取付ることが出来るし、
延長ケーブルも20mが、1000円以下ととても安い。

 

-

コンポスター(堆肥作り)

落ち葉や残飯の処理に、
緑のコンポスターを使っていましたが、


かき混ぜるのが大変で、
回転式のを買おうとおもったのですが、

18000円もするので、、、

 

雨水を貯めるように買った肥料タンクに移し替えてみました。

コンポスター(肥料作り)

蓋があるので、転がせば、撹拌されます。

腐葉土

しかも、1つ2000円ほどでヤフオクで落札したので、お得。
(近所だったので、取りに行ったので、送料はガソリン代だけ)

2つあるので、熟成中に、
もう1つで、詰め込むことができます。

 

PS

この腐葉土に「赤玉土」を7:3の割合でいれたものが、
培養土と言われ、野菜以外の栽培に適しているのだとか。

これまでは、中身も知らずに、買っていました(笑

腐葉土3 : 赤玉7では、あまりにも水はけが良すぎて、すぐに乾いてしまうため、
腐葉土6: 赤玉4ぐらいにしました。

 

この2ヶ月、ほぼ毎日水やりをしていましたが、
梅雨のおかげで、サボることができています。
ちょっと、降りすぎだけど、プールの水が半分溜まったことは、吉。

排水管をうまく引き直せば、今回の雨量で満水になっていたのが、悔やまれる。

ちなみに、満水に26m2必要で、170円/m3なので、5000円(笑

-