RV

Suaoki * PS5B 400Wh を直接充電@12V車

今も現役で販売中ですが、2017年6月に購入しました。

今は、3万円ちょいで、販売されているので、
多分、人気で一番値段が高い頃に買ってしまったようです、、、

suaoki PS5B 400Wh

@Amazon

ちょうど、サブバッテリーがダメになったので、
どうせならと、この大容量のリチウムバッテリー
= suaoki PS5B 400Whを買ったのですが、

シガーソケット型のACアダプターが付いているので、
当然ながら、車内充電が出来るものと、思い込んでおり、

 

今日、マニュアルを読み直したところ、

ご注意 :12V自動車のカーシカ-ソケットだと、ポータブルハワーサプライをフル充電出来ませんが、24V自動車だったらできます。

Note:Car cigarette socket of 12V vehicle can’t charge the portable power supply fully, but the 24V vehicle can. It can’t be charged when the 12V vehicleis not starting.

http://cryogen.blog.jp/PDF/Suaoki_Manual.pdf

日本語も、英語も、中国語からの機械翻訳のようですが、
12V車だと、満充電出来ないよ。ということでしょう。

ACアダプターの電圧を測ったところ、14Vあったので、
オルタネーターが回って、14V以上あれば、充電されるはずなんですが、
それでも、3目盛り目行くか行かないかまでしか、充電されませんでした。

なんで、インバーターで、100Vに変換してから、
純正アダプターで充電するという、変換ロスを我慢していましたが、

要は、マニュアルの通りと言うことですが、
仕様とわかれば、納得出来ました!

 

ACアダプターを使わずに車内充電

試しに、車内でPCを使うときに使う、「あれ」を使い充電ってみました。

19Vの出力で、充電されているようですが、
パネルは、40W弱の表示なんですが、
多分、2Aの最大値で、長期使用は可愛そうなんで、すぐに止めましたが、

でも、充電出来ることがわかりました。

***

suaoki PS5B 400Wh 仕様

マニュアルにも、
ACアダプター: 14V~40Vときちんと書いてありますが、
その横のカッコ内、72W/29.4Vが、気になりますね~

Suaoki配給のACアダプターの電圧を、テスターで計ると14V。
70W弱になるので、5Aの電流が流れているはずなんですが、???

 

昇圧コンバータ

12Vを、19Vに昇圧。車内でシガーソケット経由で
PCを充電するのと、同じ話で、
数値を細かく設定出来るモジュール

他にもあるんですが、
12Aに対応しており、電流も制限出来るということで、
ただ、冷却には気をつけないと、飛びそうなんで、

悩んだ結果、バイクのレギュレーターのような
こちらの冷却対応しっかりされたものにしました。ただ、12V -> 19V (5A)固定で、95W出力なんですが、
仕様の範囲なので、あとはバッテリーがなんとかしてくれることと思います。

 

** 実証編は、また次回 **

 

その他、いろいろ頑張った人。

  • https://ameblo.jp/12v/entry-12495109216.html

PS
Suaoki用にソーラーをもう1枚あげようかと思っていましたが、
これで、電気を余すことなく、使えそうです。
ただ、冬は発電力も低いので、余剰が出ればよいのですが(汗

-

キャンピングカーのメインバッテリーの充電

先シーズンは、
80Wx2のソーラーパネル+発電機で備えましたが、
しかし、走行距離も多かったこともあり、ソーラー+走行充電でまかなえました。

結局、発電機は、使うことなく、終わりましたが、
冬に向けて、また新たな装置をつけようかと、思案中。

***

メインバッテリーの充電

月に1度とか、そんなペースでしか車に乗らないので、
自宅では、メインバッテリーを100V電源に繋いでいます。

走行充電のアイソレーターの機能により、
メインバッテリーがいっぱいになると、
自動的に、自動的に、サブバッテリーも充電されています。

 

ただ、ケーブルをつなぐのも、少々面倒ですし、
遠征中の充電も考えると、
5Wほどのソーラーでメインバッテリーを充電しようかと考えました。

しかし、サブの余った電力で、
メインが充電できると理想的なので、探しました。

サブバッテリーの余剰電力で充電

サブバッテリーがいっぱいになったら、
メインバッテリーを充電してくれるチャージコントローラー。
¥24000

https://www.rvland.co.jp/parts/controller/solar5.php

新規ならまだしも、2.4万円も出費するのであれば、
上記のソーラーを買いますよ・・・

***

色々、考えました。

  1. 手動スイッチで、切り替える。(停車時は、メイン主に切り替え)
    ・・・切り替え忘れそう。
  2. ACC連動のリレー
    ・・・ソーラー発電中はいいけど、日が落ちた後、逆流しそう。
  3. 充電制御コントローラーを入れる
    ・・・過充電の制御も出来るし、一方向の充電が可能だけど、、、

 

4. ダイオードを挟んで、逆流しないようにする

違う容量のバッテリーを充電する方法

引用 >> https://solar-diy.tabinchuya.com/battery_heiretsu/

一番左のバッテリーは、直で、
他のバッテリーは、ダイオードを挟んであります。

詳しくは、リンク先を読んで頂ければわかると思いますが、
大事なことは、ソーラー発電していない時、
それぞれのバッテリーの電圧が、バラバラだということ!

※ダイオードがないと、どれも同じ電力になります。

同容量の新品の電池同士なら、並列で接続することも可能ですが、

容量や使用歴の異なるバッテリーで並列にしてしまうと、
常に、電気がバッテリーを行ったり来たりしてしまいます。

これが、

  • 容量の違うバッテリー同士をつないではいけない
  • 新古の電池を使ってはいけない

という、理由みたいです。

 

-