FX

FX用VPSの検討

現在は、自宅PCでほそぼそと運用しているのですが、
そろそろVPSも。

ただ、高いんですよね~

 

メモリー2GB で、1000円↑とか

 

客様費用負担のAWSは月5000円超えてるけど(笑

 

で、いろいろ探してみたところ、見つけたのがこちら。

https://win-vps.eu

Bronzeで 4GBで月$4(年契約)!

  • セットアップに$30
  • Windows Server系は、+$5/月

Windows10を入れれば、格安で運用できるわけです!

 

 

FXのVPS選びで大切なこと!

それは、

FX会社のサーバーの近くに置くこと!

 

なぜかというと、

いくら「光」といえども、地球を1周するのに「0.13秒秒」かかるわけです。
※地球1周 4万km ÷ 光の速度 30万km/秒
東京 >> ロンドンは、地球1週の1/3ぐらいはありそうなので、
どうしても遅延してしまうのです。

というわけで、サーバーがロンドンなら、
VPSは、当然ロンドン、なる近においたほうが良いわけですよ。

 

  • ロンドン >> ロンドン:1.30ms
  • ニューヨーク >> ロンドン :71.54ms
  • インドネシア >> ロンドン:352.27ms

参考 >> https://nomadtrader.net/vps/#toc5

 

まあ、微差なんですけど、
わざわざ高価な日本の会社を通さなくても、
海外の安いやつを使うのが「吉」!

ただし、

英語という参入障壁さえ、乗り越えられれば!

 

***

Windows Server VS Windows10

結局、遠隔地にあるので、リモートデスクトップ(RDP or VNC)を使うわけですが、
Windows10 PRO以上なら、RDPを使うことができます。

ただ、

とりあえず、ライセンスは自分で用意しろとのことですが、

「OSのインストールって、どうやんの?」

って感じですが、
OSを入れて、VNCでつなげるところまでが、
$30なんかな?

 

Windows10の問題点は、「自動更新」

Windows Serverは、24時間運転が前提なので、
任意でないと、更新されませんが、
Windows10も、レジストリーをいじれば、
自動更新を完全に止めることが、できるようです。

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “1” /t REG_DWORD /f

他にもサービスを止めるなど、
いろいろ方法はあるようなので、ご参考に↓

参考 >> https://togeonet.co.jp/post-7032

 

 

-

EA+裁量トレード 3日目

今日は、難しかった!!!

 

GBPUSDが、調子がよく、
このままだと、1000pips取れそうな勢いだったのだけど、
EURUSDでも、おねdりゔぇトレンドが発生し、トレード開始。

=利益相殺の動き!

 

EURUSDが下に伸びたので、もうトレンドが終わったと思い、
GBPUSDを成行売りした次第です。

上線:T/P/ 下線:成行ビビリ決済

最後の底の部分が、ちょうどEURUSDのトレードが発生時。

 

この時点での利益は、6000円弱。

T/Pまで我慢していると、+140pips

 

結局は、1.30000を超えて行き、
自分で設定したT/Pは楽に回収できた始末でした。

別のトレンドが発生しなければ、もっと取れていた事案でした。

 

これが、裁量の良し悪しですね、、、

 

 

今日は、もう1つのトレンドが発生したことで判断が鈍り、
また、元金割れを取り返そうと、利確を急ぎ過ぎ、
裁量の成り行き「エイヤー!」が失敗でしたネ。

 

難しいです、相場というのは。

まあ、3時間張り付いて、、、

時給2,000円

 

買うタイミングは、EA任せ。
S/Lは、T/Pは裁量。

しかし、裁量をするには、もっと経験が必要ですね!!

 

PS

朝起きたら、ダマシに2回。。。
この取引の利益は、ほぼ吹っ飛びましたOrz

その後、もう1度、T/P(上線)のチャンスがあったようですが、
これが、その「ダマシ」だったのかもしれません。

あ”~、見たくない(汗

-