愛犬

ワンコのお散歩のマナー

最近、お家のDIYを日暮れまでしていることも有り、
うちのわんころさんのお散歩は、夕食後が多く。

いくつかあるルートのうち、今晩は川の東ルートにところ、
橋を超えた当たりで、後ろからワンコが登場。(どこの家のワンコかは、わかっている)

よせばいいのに、同じルートを後ろからついてくる。
(ルートを変えるのが、マナーだと思っている)

 

そして、後ろから、声をかけてきた。

 

「おい、ちゃんとリードつけとんか?」

 

※5M伸びるリードを、フリーで散歩中。時間的に、というより、いつもそう。他の犬や、車・人が来たときは、ちゃんと制御している。

 

おいおい。おっさんっ!誰様のつもりじゃ?!
(軽く、殺意が芽生える)

 

「口の聞き方、気いつけろよ」(心の声)

 

無視して、歩む。

「おい、ちゃんとリードつけとんか?」

もう一度、同じことを言ってくるが、再び、無視!
(というか、大事にならないように、自制)

 

「おい、ちゃんとリードつけとんか?」

三度目、同じことを言ってきたので、心の声をリアルにしてみた♪

 

「おっさん、口の聞き方、気いつけろよ、ぼけぇ!」

 


実際に、ダウンタウンの松本さんが、いつか番組で言っていました。

対応例A

ファン「まっちゃーん、写真とってーやー」
松本「いやや」

対応例B

ファン「松本さーん、写真撮ってもらえませんか~~」
松本「Facebookに載せたら、あかんで」= OK

 

無礼なやつには、無礼な対応でいいわけです。


たとえ、こちらが年下であろうと、この状況では、敬語で対応する必要はありません。
(暗かったので、声的におっさん)

対応例A

おっさん「お散歩中のところ、すみません。リード付いていますよね?」
私「もちろんですよ」

対応例B

おっさん「おい、ちゃんとリードつけとんか?」
私「おっさん、口の聞き方気いつけろよ、ぼけぇ!」

 

その後、そのおっさんには、

「ちゃんとついてるやろうが、わからんのか、ドあほぅが!」
「おまえ、口の聞き方、きぃつけろよ。ぼけぇ!」

ぼけぇ・あほぉを5、6回付けて、対応しました。

 

久しぶりに、F○ckを連呼してしまいました(照

 

イラッとはしていますが、口に出したので、おっさんは今頃、怒ってるだろうな~。
明日は、会社でその愚痴かな?w

 

私的には、全然暴力沙汰になっても、ウェルカム。
夜越の怒りは持ち越さない覚悟で、暴言を履いていますが、
相手は、そんなことを理解して、発しているのでしょうか?

口は災いのもと。気をつけないとダメですよ(笑

- -