スノーボード

中華製 車載FFヒーターってどうなの?(パーキングヒーター)

車載FFヒーターというと、Webastoが有名ですが、
キャラバンにも、WebastoのFFヒーター「AirTop2000 STC」をつけました。

快適な車泊生活だったのですが、(電力問題は、さておき)

冬に向け、サブバッテリーを交換した際に、
FFのヒューズが飛び、新しいヒューズを差し替えるも、瞬殺の状況。。。

 

【故障の原因】

FFヒーターを、リチウム電池からも使えるように、
ソーラーパネルの発電機から、DCでシガーソケットに繋いでいたのですが、
バッテリーを外したことにより、
なぜか、24Vがシガーソケットに流れたのが原因っぽく、
(夜にやったので、ソーラーの発電はなし)
たぶん、FF内部の回路がショートしている可能性?

そのためのヒューズなのですが・・・

 

もしかしたら、単純な理由かもしれませんが、
修理に出すにも、費用的なことを考えると、
中華製FFヒーターが視野に入ってきました。

***

中華製FFヒーター

知り合いの知り合いが、中華製のFFヒーターをつけたらしく、
知り合い曰く、本物と瓜二つで、まったく問題なく動いた

という情報から、修理代>中華製FFヒータ

ということで、
1万円台後半のものもありますが、レビューなしはちょっと怖いので、
22800円のPrime出荷可能なFFを買ってみました。

 

取り付け

は、すでに下地が出来ているので、交換するだけですが、
コントローラーこそ、明らかに違うものの、それ以外はほとんど同じ!

サイレンサーはちゃちいなって感じもしましたが、
旧製品を取り外し、流用できるものは、流用しようとしましたが、

ポンプも、オスメスが違うし、ダクトも25mmとなり、
AirTop2000 のとは、径が違うため、使えず、

結局、流用できたのは、燃料ホースと、穴だけでした。

 

Webasto vs 中華製FFヒータ

結果、中華製でも十分すぎる性能です。
というか、Webastoの同じラインを使って、作っているのですからね?!

OEMというか、ノーブランドといいますか?

プラダ、ルイビトン系のコピー品?とでも、いいますか?

 

中華製FFは、5000kcalの出力で、AirTop2000 (2000kcal)と
比べると一回り大きいですが、
穴位置は同じでも、吸気・排気の穴は、少し広げました。

23mm >> 25mm

で、AirTop2000 は、室内でも、ごーぉーーー!!という音がしていましたが、
中華製は、風切り音しか聞こえません。
Webastoの5000kcalも同じかもしれませんね?!

そして、ポンプ音も、
コンコン・コンコンと、大変耳障りだったので、
ポンプ用に防音BOXを作ろうかと考えたのですが、

WEBで調べてみたところ、付属の全ゴムの固定具にすると、
ボディーに伝わる音が減り、ほぼ気にならないとか?

Webastoに付いていた
金属+ゴムの固定具を流用したのが、間違いでした。

交換したところ、意識しないと、聞こえないレベルまで落ちました。

Webastoのパーツ販売サイトを見てみると、
同じ形状のものが販売されていました。
(改良品までもが、コピー品として、、、)

 

残るは耐久性

まあ、2万円なら、また新しいのを買えばいいかなって
割り切るのもありな、お値段です。
Webastoなら、数年ごとのメンテで、2万円ぐらい掛かりそうですが、
それなら、新しいのに買い換えるのも、1つだったり。

きっと、同じラインで製造されたものなので、
耐久性は、Webastoと変わらないんじゃないかと。

 

以上、人柱でした。

-

バイクにシガーソケットをつける @スティード

今日は、

  1. 車検書の名義書換に、陸運局へ行き、
  2. 銀行で用を済ませ、
  3. ミッション・インポッシブル6を見て、
  4. 日本海側の海の上からの、打ち上げ花火を見る

予定でした。

 

今日は、ハッピーマンデーで、1100円で映画が見れる日なんですよね♪

名義変更のついでに、と思ったのですが、
作業途中で、電装関係が死んでしまい暗くなるまで、
ひたすら、復旧作業に追われました・・・

まだ、原因も不明Orz

***

まず、電源のとり方

20年も前のバイクですが、キーオンで電灯が付く仕様になっており、
車で言う「ACC電源」仕様となっており、
まあ、スマホの充電程度なら、リレーをかまさなくても、
そのまま直結で使っても良かったのですが、一応、リレー使用です。

フロントのヘッドライトから取ろうと思ったのですが、
テールランプも同様に点灯する仕様となっており、
ラッキーなことに、二股ギボシが付いており、
分配コネクターなしに、ACC電源を取ることが出来ました。

バイク シガーソケットのリレー電源

シート上にあるのが、リレーですね。
これで、キー・オンでシーガーソケットに電気が流れます。

バイクにシガーソケット増設

 

さて、ここでトラブブル発生・・・

キーオンのまま作業してしまい、ショートさせてはいないはずですが、
ヘッドライトなどの電灯類が、死亡・・・

1時間で終わる予定だったのですが、

ウンともスントもの前の悲惨な状況です!

 

キーオンにならない原因・調査

A. 初動捜査として、バッテリーの電圧を疑いますが、ちゃんと12Vあります。

バイク エンジンかからない バッテリー

B. 単純にショートなら、ヒューズが飛んでいるのですが、
まず、ヒューズボックスがどこにあるのか、探すのに本当に苦労しました。
というのも、前のオーナーがカスタムしているので、
WEBでビューズボックスの画像をもとに探したのですが、
ヒューズボックスがどこにもなくて・・・

時計を見ていませんが、感覚的に1時間ほどでしょうか?

やっと見つけました!

場所は、バッテリーステーの下。

このステーは自作なんでしょうかね?
アルミ板が、リベットで固定された、BOXになっているんですが、その下に。

構造上、取り外しが不可能で、
ステーを組み立てる途中に、組み入れたとしか思えない仕様で、
渋々、そのままの位置で、蓋を開け、ヒューズを1つずつ外し、
目視しましたが、どれも生きていました。

 

ショートじゃない・・・

とすると、

断線???

スティード ケーブル

レギュレーターや、ICボックスは、固定されておらず、
リレーを付ける前に、固定したのが原因で、断線している可能性もあり、
手の届く範囲で、このギトギトのケーブルのテープ・ゴムを剥ぎ取り・・・、
問題ないところは、コルゲートチューブを巻きました。

スティード ケーブル まとめ コルゲートチューブ
めっちゃスッキリ♪

1箇所、被膜が破れているところがありました。
キー・オンしたときに、電気が流れるケーブルです。

テスターで、キーオン・オフで通電しているか確認するのですが、
カプラーより先は、電気が通っていない様子。
でも、抵抗を測ると、0Ω。=通電している

バイパスしてみましたが、状況は変わらず・・・

ショートしていたなら、ヒューズがとんでもおかしくないのにな~

 

そんなこんなを車屋の友達に相談したところ、
「バイクはわからんので、餅屋へ。」と、言われたのですが、
車もバイクも同じ構造だし、車より簡単だと思うんですけどね??

弟に至っては、「古いバイクやしな~」と言う始末で、
相変わらずの、アンポンタンだなーだと再認識しました。
そして、今日もどこかにお出かけ(デートじゃない)

***

でも、10年落ちのクルマは嫌うけど、バイクはまだまだ普通に走ってます。
ゴム類の劣化や、サビなんかも多数ありますが、
エンジン元気そうなんで、気にはしていなかったのですが、

今回、いろんなところを触ってみると、

  • 溶接が取れていたり、
  • バッテリーBOXが固定されていなかったり、
  • レギュレーターが宙ぶらりんだったり、

もう少し、買うときに疑って見るべきでした。

まあ、こんなレベルだと、溶接したりするのも、気兼ねなく出来るんですが、
バイク乗り回す前に、本気の整備をすることになるとは・・・

 

そのうち、エンジンからなにから、下ろしてそうですね(笑

 

~続く~

PS
あー、こんな状況じゃ、お盆に行く、本州最南端旅行が怪しまれますね~Orz

-