ソーラーパネルの余剰発電を、メインバッテリーに充電

冬以外、週1回乗ればいい方で、殆ど車にのらないため、
エンジンが掛からないわけではないですが、
セルが「うんぅ?」って感じで。

メインバッテリーが充電不足になってしまいます。

 

ということで、タイトルのとおり、

サブバッテリーの余剰電力を、メインバッテリーに充電する配線の紹介です。

 

課題と対策

ソーラーパネル メインバッテリー 充電

いろいろつないでいるので、わかりにくいはずですが、、、

図にすると、こういうことです。

ソーラーパネルの余剰発電を、メインバッテリーに補充

逆流対策

「整流ダイオード」を入れることで、逆流を防げます。
これを用いれば、走行充電器って、不要なのではないかと・・・

30A用を使っています。

白い線の入ったほうに向かって流れるので、
白い線の方を、メインバッテリー側に接続。

整流ダイオードを使えば、
異なるサイズ・新旧混在のバッテリーを並列接続することができます。

参考 >> https://solar-diy.tabinchuya.com/battery_heiretsu/


過電流制御・循環制御

  • エンジンスタート時、大量の電流が流れてしまう
  • オルタネーター発電中は、走行充電器により、
    サブバッテリーに充電されますが、
    それがまたメインバッテリーに循環を起こさない

よう、シガーソケットから電気が流れると、カットしたいので、
5極リレーのオフのときに閉まる回路と、接続します。

インバーターがエンジンルームに置いてあるのは、

ファン音が耳障りだから。

電圧リレーで13V以上でON・12.5V以下でOFFになるように、
インバーターのスイッチを改造しています。

インバーターまで、3.5sqのケーブルで引いていたので、
その端子から、メインバッテリーに繋ぎました。
適当なケーブルがなかったので、1.25sqを2本束ねて使っています。

自動回帰保護回路(ヒューズ)を入れたほうが良いのですが、
そんな電流が流れることはないと思うので、省略しました。

ソーラーパネルの余剰発電を、メインバッテリーに充電
Tagged on: