キャンピングカーのメインバッテリーの充電

先シーズンは、
80Wx2のソーラーパネル+発電機で備えましたが、
しかし、走行距離も多かったこともあり、ソーラー+走行充電でまかなえました。

結局、発電機は、使うことなく、終わりましたが、
冬に向けて、また新たな装置をつけようかと、思案中。

***

メインバッテリーの充電

月に1度とか、そんなペースでしか車に乗らないので、
自宅では、メインバッテリーを100V電源に繋いでいます。

走行充電のアイソレーターの機能により、
メインバッテリーがいっぱいになると、
自動的に、自動的に、サブバッテリーも充電されています。

 

ただ、ケーブルをつなぐのも、少々面倒ですし、
遠征中の充電も考えると、
5Wほどのソーラーでメインバッテリーを充電しようかと考えました。

しかし、サブの余った電力で、
メインが充電できると理想的なので、探しました。

サブバッテリーの余剰電力で充電

サブバッテリーがいっぱいになったら、
メインバッテリーを充電してくれるチャージコントローラー。
¥24000

https://www.rvland.co.jp/parts/controller/solar5.php

新規ならまだしも、2.4万円も出費するのであれば、
上記のソーラーを買いますよ・・・

***

色々、考えました。

  1. 手動スイッチで、切り替える。(停車時は、メイン主に切り替え)
    ・・・切り替え忘れそう。
  2. ACC連動のリレー
    ・・・ソーラー発電中はいいけど、日が落ちた後、逆流しそう。
  3. 充電制御コントローラーを入れる
    ・・・過充電の制御も出来るし、一方向の充電が可能だけど、、、

 

4. ダイオードを挟んで、逆流しないようにする

違う容量のバッテリーを充電する方法

引用 >> https://solar-diy.tabinchuya.com/battery_heiretsu/

一番左のバッテリーは、直で、
他のバッテリーは、ダイオードを挟んであります。

詳しくは、リンク先を読んで頂ければわかると思いますが、
大事なことは、ソーラー発電していない時、
それぞれのバッテリーの電圧が、バラバラだということ!

※ダイオードがないと、どれも同じ電力になります。

同容量の新品の電池同士なら、並列で接続することも可能ですが、

容量や使用歴の異なるバッテリーで並列にしてしまうと、
常に、電気がバッテリーを行ったり来たりしてしまいます。

これが、

  • 容量の違うバッテリー同士をつないではいけない
  • 新古の電池を使ってはいけない

という、理由みたいです。

 

キャンピングカーのメインバッテリーの充電
Tagged on: