ソーラーパネルの余剰発電を、メインバッテリーに充電

冬以外、週1回乗ればいい方で、殆ど車にのらないため、
エンジンが掛からないわけではないですが、
セルが「うんぅ?」って感じで。

メインバッテリーが充電不足になってしまいます。

 

ということで、タイトルのとおり、

サブバッテリーの余剰電力を、メインバッテリーに充電する配線の紹介です。

 

課題と対策

ソーラーパネル メインバッテリー 充電

いろいろつないでいるので、わかりにくいはずですが、、、

図にすると、こういうことです。

ソーラーパネルの余剰発電を、メインバッテリーに補充

逆流対策

「整流ダイオード」を入れることで、逆流を防げます。
これを用いれば、走行充電器って、不要なのではないかと・・・

30A用を使っています。

白い線の入ったほうに向かって流れるので、
白い線の方を、メインバッテリー側に接続。

整流ダイオードを使えば、
異なるサイズ・新旧混在のバッテリーを並列接続することができます。

参考 >> https://solar-diy.tabinchuya.com/battery_heiretsu/


過電流制御・循環制御

  • エンジンスタート時、大量の電流が流れてしまう
  • オルタネーター発電中は、走行充電器により、
    サブバッテリーに充電されますが、
    それがまたメインバッテリーに循環を起こさない

よう、シガーソケットから電気が流れると、カットしたいので、
5極リレーのオフのときに閉まる回路と、接続します。

インバーターがエンジンルームに置いてあるのは、

ファン音が耳障りだから。

電圧リレーで13V以上でON・12.5V以下でOFFになるように、
インバーターのスイッチを改造しています。

インバーターまで、3.5sqのケーブルで引いていたので、
その端子から、メインバッテリーに繋ぎました。
適当なケーブルがなかったので、1.25sqを2本束ねて使っています。

自動回帰保護回路(ヒューズ)を入れたほうが良いのですが、
そんな電流が流れることはないと思うので、省略しました。

-

屋根裏換気をDIYしてみた

5月にもなると、日が暮れても、2Fはモワッと熱くしており、

原因は、屋根の熱が、屋根裏に溜まっていること。

排気口を広げて、換気扇を取り付けようと思ったのだけど、
防水の換気扇など見つからず、
カバーをつけるにも高所過ぎて、やりたくなく・・・
なにより、屋根裏での作業なんて・・・

***

屋根裏換気 DIY

https://matrasan.sakura.ne.jp/diy/koyaura.html

こんな大掛かりなことをせず、

なにか良い方法はないかと探してみたところ、

屋根裏換気 DIY

https://minkara.carview.co.jp/userid/2586206/car/2269588/4376336/note.aspx

屋根裏の点検口に換気扇をつけるDIYを見つけ、思いつきました!

要は、排気口は必ず存在するので、
空気を送ることで、強制排気されるわけで、

目からうろこです!

 

我が家の点検口は押入れの中

なので、そこに換気扇をつけると、

  • 押入れ明けっぱ
  • 冷房中は使いたくない

などがあり、

その点検口から、1メートルの距離に、階段があり、

屋根裏換気 DIY 下見

1Fの冷めた空気を送ることができるので、
ここに取り付けることにしました。

屋根裏換気 DIY 階段

穴あけは、ドリルでジグソーの歯が入るほどの穴を開け、
30cm角の穴を開けました。

穴の切れ目は、換気扇で隠れるので、きれいには切っていません。

屋根裏換気 DIY 穴あけ

まあ、当然こうなります・・・
そして、階段も・・・(あとで、掃除機を)

屋根裏換気 DIY 換気扇

※屋根裏作業の前に、暑いので、先に強制排気中。

電源は、階段の電球から取ろうと思っていましたが、
屋根裏に配線があったので、そこから分岐し、
コンセントを追加してもらいました。

ちなみに、電球のON/OFFは人感センサーです。
よく消し忘れることが多いので、、、

アイリスオーヤマ LED電球 人感センサー付 口金直径26mm 40形相当 電球色 LDR6L-H-SE25

屋根裏換気をつけてみて

明らかに、室温の下がりが早いので、機能しているのだと思います。
室温のグラフも撮っているので、またの機会に。

24時間つけっぱなしを予定していたので、紐式にしましたが、
隣部屋のドアを明けていると、割と、換気扇のノイズが耳障りなんで(汗
実際、昼~日暮れ後1時間ほどの運用でよく、
電気式シャッターにして、タイマー運用すればよかったなーと。

当面は、シャッターは明けっぱにして、
秋が深まるころ、紐を引いて、閉じることにします。

今回買った換気扇は、こちらです。

Panasonic (パナソニック) インテリア形換気扇 FY-25PEP5

 

-