黒竹を目隠しに植えてみる・竹の防根

お隣さんが、ブロック塀と目隠しフェンスで、目隠しをされ、
頭程度しか見えませんが、
さらなる目隠しのために、竹を植えてみることにしました。

 

竹の根の処理

竹は地下茎で、どんどん広がってしまいます。
そのため、お隣など、意図しないところにも、竹が生えてしまうので、
防根シートにて、根の広がりを防がないと、後の祭り・・・

孟宗竹は、地下50cmあたりを地下茎が広がるそうで、
100cmの某根シートを、全サイドに張り巡らす必要があるようですが、
そもそも10mもの竹は必要ないので、、、

 

防竹シート
https://www.engei.net/Browse.asp?ID=24781

これは、大変すぎるので、

3m程度のものをさがしたところ、
「黒竹」というのが、3~5mとちょうど良さげ。

根もそれほど強くないそうですが、
後の祭りにならないように、処理をしておいたほうが、良さそうですね。

黒竹 防竹シート
http://www.ryokusyouen.jp/9959/

防竹シート

50cm x 10m巻 のもので、12000円強。。。

代替えとして、波板を使うのも1つみたいです。
※地下に挿すので、錆びる鉄系ではなく、ナイロン系で。

しかし、50cmを掘るのも大変ですし、
バンブー系だと、地下茎がなく、密集して、広がることがないそうですが、

鉢植えで妥協するのも、1つです。

 

黒竹の入手

ホームセンターをいろいろ回りましたが、
3月時点では、どこにもおいてありませんでした。

店員さんに取扱状況を聞いてみたところ、
「JANコードは?」とか、「必要な本数と予算を」という、
トンチンカンなことを言われ、イラッとしました、、、

 

もう、ネットで苗?を入手するのが、吉かもしれません。
気長に、成長を見守る?

となると、庭に生えている竹が、ちょうど良い高さなので、
それを移植したほうが、早そうですが、、、

 

もう、通販しかなさそうなんですが、季節のものなのか、見つからず、
唯一は、ヤフオク。

スノーボードに、長野まで行って、帰りに岐阜によったその帰り、
5800円だったのが、4000円に!

福井まで帰ってしまい、引取先は、愛知。
本日の引き取りが可能だということで、早速購入し、Uターン!
当日、雨でだったので、ブルーシートを購入し、引取へ。

3株とも頂きました。

出品者さんからは、「行動力がすごい」と褒めて頂き、職業聞かれました。

 

黒竹の植え付け

防根対策のため、30cmほど掘りました。
右に見えるのがお隣さんの塀で、
20cmほどの深さのU字溝を、共有しています。=中央が、境界線

 

5cmほどのコンクリートをワイヤー入りで、作ろうかとも思いましたが、
めんどくさすぎるのと、黒竹は、根張りは強くないそうなので、
デュポン 防草シート ザバーン 240BBを、敷きました。

このザバーンで、十分な強度があるかは、疑問ですが、

敷いた写真は、取り忘れ、途中の植え付け時や、その途中もなく、
すべてが完成した写真しかありませんが、、、

きちんと深さを図らなかったので、防草シートが、ずいぶんと余りました。。。

まあ、仮植えということで、、、

 

一応、お隣さんとのギリギリのラインなので、
怒られないように、柵を作りましたょw

-

中華製 車載FFヒーターってどうなの?(パーキングヒーター)

車載FFヒーターというと、Webastoが有名ですが、
キャラバンにも、WebastoのFFヒーター「AirTop2000 STC」をつけました。

快適な車泊生活だったのですが、(電力問題は、さておき)

冬に向け、サブバッテリーを交換した際に、
FFのヒューズが飛び、新しいヒューズを差し替えるも、瞬殺の状況。。。

 

【故障の原因】

FFヒーターを、リチウム電池からも使えるように、
ソーラーパネルの発電機から、DCでシガーソケットに繋いでいたのですが、
バッテリーを外したことにより、
なぜか、24Vがシガーソケットに流れたのが原因っぽく、
(夜にやったので、ソーラーの発電はなし)
たぶん、FF内部の回路がショートしている可能性?

そのためのヒューズなのですが・・・

 

もしかしたら、単純な理由かもしれませんが、
修理に出すにも、費用的なことを考えると、
中華製FFヒーターが視野に入ってきました。

***

中華製FFヒーター

知り合いの知り合いが、中華製のFFヒーターをつけたらしく、
知り合い曰く、本物と瓜二つで、まったく問題なく動いた

という情報から、修理代>中華製FFヒータ

ということで、
1万円台後半のものもありますが、レビューなしはちょっと怖いので、
22800円のPrime出荷可能なFFを買ってみました。

 

取り付け

は、すでに下地が出来ているので、交換するだけですが、
コントローラーこそ、明らかに違うものの、それ以外はほとんど同じ!

サイレンサーはちゃちいなって感じもしましたが、
旧製品を取り外し、流用できるものは、流用しようとしましたが、

ポンプも、オスメスが違うし、ダクトも25mmとなり、
AirTop2000 のとは、径が違うため、使えず、

結局、流用できたのは、燃料ホースと、穴だけでした。

 

Webasto vs 中華製FFヒータ

結果、中華製でも十分すぎる性能です。
というか、Webastoの同じラインを使って、作っているのですからね?!

OEMというか、ノーブランドといいますか?

プラダ、ルイビトン系のコピー品?とでも、いいますか?

 

中華製FFは、5000kcalの出力で、AirTop2000 (2000kcal)と
比べると一回り大きいですが、
穴位置は同じでも、吸気・排気の穴は、少し広げました。

23mm >> 25mm

で、AirTop2000 は、室内でも、ごーぉーーー!!という音がしていましたが、
中華製は、風切り音しか聞こえません。
Webastoの5000kcalも同じかもしれませんね?!

そして、ポンプ音も、
コンコン・コンコンと、大変耳障りだったので、
ポンプ用に防音BOXを作ろうかと考えたのですが、

WEBで調べてみたところ、付属の全ゴムの固定具にすると、
ボディーに伝わる音が減り、ほぼ気にならないとか?

Webastoに付いていた
金属+ゴムの固定具を流用したのが、間違いでした。

交換したところ、意識しないと、聞こえないレベルまで落ちました。

Webastoのパーツ販売サイトを見てみると、
同じ形状のものが販売されていました。
(改良品までもが、コピー品として、、、)

 

残るは耐久性

まあ、2万円なら、また新しいのを買えばいいかなって
割り切るのもありな、お値段です。
Webastoなら、数年ごとのメンテで、2万円ぐらい掛かりそうですが、
それなら、新しいのに買い換えるのも、1つだったり。

きっと、同じラインで製造されたものなので、
耐久性は、Webastoと変わらないんじゃないかと。

 

以上、人柱でした。

-